脱毛処理時のアルコールに要注意

脱毛19

脱毛処理の際、注意しなければならないのがアルコールです。体内にアルコールが入ってしまうと、副作用などにつながる恐れがあります。また皮膚表面にアルコールが付着した場合も副作用が生じるリスクが高まります。脱毛前後はできるだけアルコールを避けるようにすることが重要です。

なぜ避けなければならないのか、その理由も把握した上で正しく対処をとりましょう。

脱毛前後に飲酒を避けたい理由

水着の女性26

脱毛前後12時間は、基本的に飲酒を避ける必要があります。なぜなら飲酒を行うと、脱毛時に副作用が生じるリスクが高まるからです。アルコールが体内に入ると、血流が促進されます。血流が促進されると脱毛時に痛みを感じやすくなります。

さらに血流が促進されると脱毛後、肌の赤み・炎症も発症しやすくなります。血流が促進されると免疫細胞の働きも活発になり、炎症反応が起こりやすくなるのです。そして血流が促進されると、体温も上昇します。体温が上がると皮膚内部に含まれている水分が蒸発しやすくなります。

皮膚に含まれる水分が蒸発してしまうと、肌のバリア機能が低下するため、皮膚は脱毛の際生じる負荷をさらに感じやすくなります。肌に負荷がかかるとその分だけ赤み・炎症等につながるリスクが高まるのです。このように脱毛前後に飲酒すると肌の赤みや炎症といった症状が現れやすくなるため、できるだけ避けるべきなのです。

専門機関では脱毛が受けられない可能性も

脱毛の前後に飲酒すると、脱毛中に痛みが生じたり、脱毛後に肌の赤みや炎症といった副作用が生じやすくなります。

専門機関で光脱毛やレーザー脱毛といった施術を受ける場合、照射する光やレーザー光の威力そのものを弱めれば、痛みを軽減させることも可能です。

しかし光やレーザー光の威力を弱めてしまうと、その分毛根に与える負荷の量も減少します。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に熱を与えることで毛根に負荷を与え、毛の成長を弱める方法です。

毛根に加わる負荷が小さければ小さいほど、毛根の回復も早くなります。毛根の回復が早いと毛の成長速度が元に戻るのも早くなるため、効果が薄れてしまうのです。そのため専門機関では、脱毛前に肌の状態や血流を見たうえで、施術そのものを最初から行わない場合もあります。

脱毛前に飲酒してしまうと、専門機関で施術が受けられなくなる可能性が高いです。せっかく予約したのに、飲酒のために脱毛が受けられないのではもったいないです。専門機関で施術を受ける前は特に飲酒を控えるようにしましょう。

それと共に、専門機関を利用する前の日と次の日はできるだけ飲酒の予定は入れないようにしましょう。

脱毛の副作用が出た場合

飲酒によって血行が促進されると、肌の赤みや炎症といった症状が現れやすくなります。脱毛は少なからず肌に負担がかかります。血行が促進された状態ですと免疫機能の働きも活発になり、ダメージを受けた部分に集まりやすくなります。

多くの免疫細胞が肌に集まるので、炎症反応が起こるのです。炎症反応はひどい場合、火傷のように腫れたり、痛みが生じることもあります。もし炎症が見られたら、できるだけ早く抑えることが重要です。まず免疫機能の働きを抑えるために、軟膏を塗ります。

軟膏を塗ることで免疫細胞の働きを抑えることができるのです。サロンや医療機関では脱毛後に軟膏が処方されることがあります。炎症が見られ、処方されている場合はできるだけ処方された軟膏を塗るようにしましょう。もし軟膏を塗っても改善傾向が見られない場合は、氷を患部に当てます。

氷で冷やすことで患部周辺の血行が悪くなり、炎症を抑えることができるのです。ただし氷を直接あてると霜焼け等になる恐れがあるので、必ずタオルなどを皮膚と氷の間に入れるようにしましょう。

脱毛前後の皮膚にアルコールが付着した場合

脱毛前後にアルコールが体内に入ると、血流が促進され、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。しかしアルコールで気をつけなければならないのは、飲酒だけとは限りません。皮膚にアルコールが付着した場合も、注意が必要です。

皮膚に付着した水分やアルコールが蒸発するとき、肌内部に含まれている水分やアルコールも一緒に蒸発します。そしてアルコールは水分に比べると気化する温度が低く、蒸発しやすいです。つまりアルコールが皮膚に付着すると、アルコールと一緒に皮膚内部に含まれる水分も一緒に蒸発しやすくなるのです。

皮膚内部に含まれる水分量が減少すれば、それだけ皮膚は乾燥、肌のバリア機能も低下していきます。肌のバリア機能が低下すると少しの刺激も敏感に感じ取りやすくなり、痛みにつながります。脱毛後炎症や赤みも起こりやすくなるので、肌の乾燥はできるだけ防ぐ必要があります。

脱毛前後はできるだけアルコールが皮膚に付着しないように注意します。もし水分やアルコールが付着した場合は優しく拭き取りましょう。また水分を少しでも逃がさないように、クリームなどで保湿するのも有効です。できるだけ脱毛前後は乾燥を防ぐようにしましょう。

脱毛前後に避けなければならないのはアルコールだけではない

脱毛前後に避けなければならないのは、アルコールだけではありません。血行を促進するものは基本的に脱毛前後は避ける必要があります。具体的には薬・運動・入浴等が挙げられます。例えば血行を促進する薬や血圧を調節する薬を服用している場合、薬の場合は自己判断で服用を中断してしまうと、身体に悪影響を及ぼす恐れが高くなります。

必ず医師・専門家と事前に話し合うようにしましょう。一方運動や入浴といった体を温める行為は血行の促進にもつながります。脱毛当日はできるだけ控えるようにしましょう。もし身体の汚れが気になる場合は、シャワーだけで済ませるようにします。

脱毛前後はできるだけ血行を促進させないことが重要です。涼しい格好で、できるだけ落ち着いて生活するように心掛けましょう。

専門機関を利用する場合は事前の相談を忘れずに

自己処理で脱毛する場合は、自分で状態を見ながら脱毛処理を行う必要があります。一方で専門機関を利用する場合は、事前に施術を受ける条件を確認するとともに、相談をするようにしましょう。例えば飲み会といった飲酒の予定と重なった場合は、脱毛を別の日に変更する必要があります。

職業によってはアルコールに触れる機会が多い人もいるでしょう。もし心配な場合は事前に相談し、自分の出来る範囲で脱毛前後は血行を促進させる行為を避けるようにしましょう。